Leo-Roy's Diary

シーズー犬ロイとの日常 時々 キャンピングトレーラーでのお出かけを綴った思い出日記帳

スポンサーリンク

ペット連れで川越観光する時に自転車シェアリングを利用したよってお話

2018/2/17(土)
学校橋河原にキャンピングトレーラーを置いて、ヘッド車だけで川越観光に行ってきました。

学校橋河原の記事はこちら

leo-roy.hatenadiary.com

川越は観光スポットが点在します。

なので小江戸巡回バス|イーグルバス株式会社を利用するか川越市自転車シェアリングを利用するか、はたまた徒歩か…

巡回バス➡ペットはゲージイン及びムダ吠え等他のお客様の迷惑にならないならO.K. それにレトロチックなバスは風情があって旅感が増すよね

ロイをカートに乗せて歩く➡歩くのは好きだけど寒いし時間がかかる

ちなみに我が家の車の中にはいつでも折り畳み式キャリーバッグがあります。

バスやロープウェイ、ケーブルカー等などケージインならペットO.K.の事が多々あるので、ケージがないばっかりに乗れませんでしたって事がないように常備しています。折り畳めば薄っぺらくなるのも便利!今回もそう、折り畳み式キャリーバッグが車内に積んであったから巡回バスも選択肢の1つにできました。

何だかんだ言ったけど、家族会議の結果自転車シェアリングをチョイス。

車をあぐれっしゅ川越の観光専用駐車場に停めて、ここでレンタサイクルを借りました。

f:id:leo-roy:20180218211550j:plain

レンタサイクルは目的地のサイクルポート(レンタサイクル専用駐輪場)に40分以内に返せば1日乗り放題で200円。観光で細々と移動する程度なら40分もあれば十分な時間。
ちなみにあぐれっしゅ川越の乗用車の駐車料金は無料。私達が駐車場に戻ってきた午後には満車状態だったので早めに利用するのがおすすめですよ。

ロイをカゴに入れてみて脚や爪が引っ掛からないかチェック

f:id:leo-roy:20180218215841j:plain

深さもあるし大丈夫そうだね

ワンコをカゴに入れるなら普段からワンコと人間が自転車に乗り慣れている事が大前提です!
川越観光での移動は歩道がない道もあります。すぐそばを車が通るから万が一にもワンコがカゴから飛び降りたら大事故になってしまいます。

f:id:leo-roy:20180218220021j:plain

ロイはこんな感じで乗車。共用自転車なのでロイの体が直接カゴに触れないように配慮。

f:id:leo-roy:20180218220015j:plain

ロイは日常的に自転車に乗り慣れているし何ならカゴの中で寝てしまう事もあるほどなので、いつも通りリラックス。

途中のサイクルポートで、家族4人分の自転車の台数が足りなかったらどうしようって心配していたけれど、常に台数が一定になるようにスタッフの方がトラックで自転車を移動をしているので心配は無用でした。

それから、どのサイクルポートからでも利用スタートできるけど、ほとんどの場所がクレジットカード決済です(一部のサイクルポートでのみ現金決済O.K.)
クレジットカードを持ち歩きたくないのであれば事前にHPから利用手続きを進めておくと良いでしょう。

川越市自転車シェアリングを利用するには身長が約140cm以上である事、天気に恵まれている事、当たり前だけど自転車に乗れる事等々条件はあるけれど、自転車での移動は車窓から見る景色とは全く違うしレンタサイクルそのものがアクティビティになるからオススメですよ。

次はペット連れには厳しかった川越氷川神社の巻。

スポンサーリンク