スポンサーリンク

夜の安全性を確保!キャンピングトレーラーのAフレームに取り付けるピコピコライト(警告灯)の製作

オフ会等で利用される会場(河川敷やスキー場の駐車場など)は、夜になると真っ暗になることがあります

そこで、キャンピングトレーラーのAフレームに自転車用LEDフラッシュライトをつけて、「ここに突起物があるよ」とアピールします

2つあるのは、失くしたと思ってもう1つ買ってきたら後から見つかったから

自転車用LEDフラッシュセーフティライト

しかし常々暗いなと感じていたし、電池式だったのが不満でした

そこで、こんなのを買ってきました。合計2,068円也

警告灯の製作

いろいろなソーラー式ピコピコ(警告灯?誘導灯?工事灯?)が売っていたけれど、選んだ決め手は青丸の中。この部分を利用して金具を取り付けます

キャンピングトレーラーのAフレームにソーラースター

ラチェットクランプの持ち手にキリで穴を開けて

キャンピングトレーラーの警告灯製作

ステーになる金具をサイズぴったりにカット

金具のカット

できたっ!!!

ピコピコライト

つけてみる

キャンピングトレーラーのAフレームカバー

キャンピングトレーラーのAフレームカバーに警告灯

実は矢印の部分に挟み込んでいます。挟んだ部分を支点として、ライトの重みでグリンと下がってしまいそうですが、Aフレームカバーが支えてくれるので大丈夫

キャンピングトレーラーのAフレーム

点灯

工事現場のピコピコ

明るい・・・ってか眩しい

オンオフのスイッチはあるけれど、フラッシュタイプなので主張が強い

しばらく使ってみて眩しすぎたら何か対策を考えようf:id:leo-roy:20171218134536g:plain